noah

We pursue freedom and comfort and provide homes
that protect your family's life, health, and property.

noah

We pursue freedom and comfort and provide homes
that protect your family's life, health, and property.

HOME コラム 注文住宅の間取りの決め方!理想の家を実現するポイントをご紹介♪

COLUMN

注文住宅の間取りの決め方!理想の家を実現するポイントをご紹介♪

Date2024.4.19(Fri)/Category家づくりのアイデア

自分たちの希望通りの家を作ることができる点が、注文住宅の最大の魅力です。 外観や間取り、設備などのすべてを注文住宅だと決められます。 ただし、暮らしやすい注文住宅の間取りはそれぞれの家庭によって異なります。 理想の注文住宅の家を建てるためには、まず生活スタイルに合った間取りをイメージする必要があります。 今回は、注文住宅の間取りの決め方や後悔しないためのポイントを紹介します。

注文住宅の間取りの決め方

注文住宅の間取りの決め方を解説します。

 

STEP1.ゾーニングしてから注文住宅の間取りを考える

まずはゾーニングを行いましょう。
ゾーニングとは、建築用語で空間を分けることを意味し、テーマや用途によって空間を分けることを指しています。
間取りに重要な要素となり、機能的に利用するためには不可欠なものです。
例えば、居間とキッチンがあまりに離れていれば、できあがった料理を運ぶだけでも負担になってしまいます。
また、居間と浴室が隣同士だと、プライバシーの問題が生じてしまいます。
そうならないためにも、注文住宅の設計段階で用途や機能、動線、プライバシー、採光、通風などを考慮する必要があります。

 

STEP2.家族のライフスタイルを考える

ゾーニングと同じような意味あいではありますが、
家族のライフスタイルを考え、注文住宅の間取りに反映することも大切です。
10人いれば、10人それぞれのライフスタイルがあるように、注文住宅の家づくりでもさまざまです。
「夫婦二人暮らし」や「子育て世帯」「二世帯」「ペットとの暮らし」など、
家族構成・生活環境、趣味などによって注文住宅の最適な間取りは変わります。
まずは自分や家族のライフプランを見つめ、それに合った注文住宅の家づくりを考えていきましょう。

注文住宅で人気のある間取り・設備

注文住宅で人気のある設備・間取りを紹介します。
どれも取り入れると暮らしやすさがアップするものばかりです。
ぜひ決める際の参考にしてください。

 

オープンタイプキッチン

オープンタイプのキッチンは、料理をしながらでも家族とコミュニケーションが取りやすいのが特徴です。
小さな子供がいる家庭の場合は、見守りながら家事ができる点も嬉しいポイント。
料理をする人と手伝う人の動線が重ならないようにすることで、
家族と一緒にスムーズに料理ができます。
また、子供のお手伝い用に便利なカウンターや家電・分別ごみ専用の収納スペースを用意するとすっきり片付きます。
キッチンに隣接したパントリーを作れば、
食料品のストックを取り出したり確認したりしやすくなります。

 

シューズインクローク

玄関からつながるシューズインクロークを作れば、靴をしまうだけではなく、
外で使うアウトドア用品やスポーツ用具なども汚れを気にすることなく収納できます。
玄関の汚れが少なくなるため、いつもきれいな状態で来客を迎えられます。
またシューズインクロークとあわせて小さな洗面台を取り付ければ、
外から帰ってきて汚れを落としてから室内に入れます。子供の手洗い習慣づけにも最適です。

 

折り下げ天井

仕切りのない室内で天井の一部を意図的に下げる工法です。
空間にメリハリができ、より広さを感じられます。
アクセントクロスや照明と組み合わせるとおしゃれさもアップ!

 

パントリー

パントリーとは、食品庫などとして活用できる収納スペースです。
キッチン横に設置した場合、常温で保管できる食品やストック用の生活用品、
リサイクル用のゴミ箱などを収納する際に便利です。

なお、パントリーの設置場所は、玄関や勝手口への動線を考慮する必要があります。
キッチンと玄関に近い場所に設置すれば、まとめ買いをした際にも荷物の搬入が楽になります。

 

 

【後悔しないために・・】

使いたいところにコンセントがない

注文住宅で起こりがちなのが、生活を始めてから使いたいところにコンセントがない、
コンセントの数が足りないといったことに気付くケースです。
必要なところにコンセントがないと、延長コードを使わなければならず、雑然とした印象になってしまいます。
キッチンでは使用する家電のコードの長さを考えて、
低すぎない位置にコンセントを設置しましょう。
また、リビングなどの広いスペースでは掃除機をかけることを考え、
カーテンや家具で隠れてしまわない場所にコンセントを取り付けしてください。
模様替えすることも考慮しておくとよいでしょう。

 

収納が足りない

注文住宅では、収納が足りないという失敗もよくあります。
収納スペースがあっても奥行きや広さが足らないと、しまうべきものがしまえなくなってしまいます。
生活をしていくと知らず知らずの間に物は増えていくので、
注文住宅での間取りを決める段階でゆとりを持った収納スペースを作る必要があるでしょう。
部屋の広さやバランスで収納スペースを作るのが難しい場合は、
屋根裏や床下収納を作るのもおすすめです。

生活動線を考えて快適な注文住宅の間取りを手に入れよう!

注文住宅では、家族の生活スタイルや家事動線を考えた間取りが重要です。
失敗しない注文住宅、家づくりのために、
専門家と相談しながら家族全員が快適に過ごせる自分たちだけの注文住宅の間取りを考えましょう。

コラム一覧へ